第一章       九星が各方面に廻った時 吉方考
第二章       三合法(方位)
第三章       顕現期の応用
      方位における応用
      家相における応用
      線路の応用
第四章       最大吉方の考え方 吉方の要素 効果的な用い方
      後天定位と用いる九星の関係
      運の消長との関係
      大歳の適用
      三合法の応用
      線路の応用に関する事柄
      自己の本命の位置と用いる九星との関係
第五章       方位転居
      現在の住居に大凶方で移転してきた場合
      現在の住居に大幅な改造・家の建て直し等の場合
      現在の住居を既に取り壊してしまった場合
      目的とする方位が大凶方の場合
      運勢の向上のために
      入院および転地療養など
第六章       吉方を用いる時の注意事項
      大きい家から小さい家への転居
      現在住んでいる地域に遠方から大凶方で転居した場合
      特殊な家相に長期間すんだ人の転居
      過去に用いた大凶方九星を用いた転居
      同一敷地内に自宅と工場・店舗等がある場合の自宅の転居
      転居した後今まで住んでいた家を直ぐ壊すこと
      家を建て直した人
      運の消長を考えること
第七章       同会法
第八章       結婚 良縁を得るために
      縁談を求めるための方位
      気学上の結婚時期
      縁談における可否の判断
      見合いの日取りの決め方
第九章       家相における家、家の範囲
第十章       運の強弱
第十一章       店舗の立地と店舗の相
第十二章       三山の法
第十三章       三合法(家相)
第十四章       「相」の様変わり
第十五章       病気の考え方
      あとがき